趣味を仕事にしてしまう|アンミュージックスクールでスターを目指せ!

アンミュージックスクールでスターを目指せ!

男の人

趣味を仕事にしてしまう

ゲーム機

作り手になるという選択

ゲームが大好きで、ゲームに関わる仕事に就きたい人はかなりいます。ゲーム関連の職業としてまず考えられるのがクリエイターです。簡単に言うとゲームそのもののプログラムを作る仕事です。高性能のパソコンがお得に手に入るようになった昨今において、簡単なソフトであれば自作するのも可能です。ただ、大手のメーカーが出しているハード用のソフトを作るためにはかなり専門的な知識も技術も必要になり、それを漏れなく身に付けるためにはやはり専門学校に行くべきです。専門学校では今まで知らなかった知識をたくさん学びますが、思っているほど大変な作業ではないです。独学をする場合、まずは何を勉強すればいいのかを考えるところから始まりますが、専門学校だとあらかじめカリキュラムが組まれており、それに従って授業や課題をこなしていくだけですからシンプルに目の前の作業に集中できます。ほかにも、クリエイターとして独立をするとさまざまな要望が舞い込みますが、すべてにきちんと対応するためにはあらゆる分野に精通している必要があり、専門学校だとバランスよく勉強できるのも見逃せないポイントです。

ゲーマーと言う道もある

少し前まではゲーム関連の仕事と言うとクリエイターしかありませんでしたが、最近ではそこにプラスしてプロのゲーマーという道もできました。ゲームをプレーするのが仕事で、遊びながらお金を稼げるわけですから、ゲームが好きな人にとっては夢のような環境です。ちなみに、世界のトップで活躍しているプロのゲーマーの年収は軽く一億円をこえるとも言われます。もちろん、仕事ですから趣味のレベルではなく、多くのプレーヤーを魅了できるだけのスキルが必要です。高度なゲームの技能を身に付けるための専門学校が最近登場したので、そこに通って勉強をするのも方法のひとつです。作り手と同様に遊び手にもムラのない能力が求められます、例えば、得意なジャンルが限られている人と、すべてのジャンルのゲームが得意な人とでは、明らかに後者の方がプロとして成功できます。専門学校に行くとさまざまなゲームに対応できる実践的な技術を身に付けられるので、自分だけで練習するよりも効率はいいです。